GLARE ◇ GLARE 栃木県バスケットボール情報サイト ◇  
     トップ > バスケットボールの基礎辞典 > ボールの歴史
バスケットボールの基礎辞典
バスケットボールの歴史やルールなど、そうだったのかと言う疑問についてまとめて行きたいと思います。
スポンサードリンク

歴史
バスケットボールの始まり
主な出来事
ボールの歴史
シューズの歴史

ルール
基本ルール(簡易版)
詳細ルール
オフィシャル
審判
コート

ポジションの役割と特性
ポイントガード
シューティングガード
フォワード
パワーフォワード
センター

日米主要リーグの仕組み
日本
アメリカ

その他
トレーニング(練習)
発明
マンガ・アニメ


ボールの歴史
バスケットボールが誕生した当時は、専用のボールがなく、サッカーボールを使用していました。

考案された当初は、ボールをパスで動かしてシュートするだけという、とても簡単なものだったため、パスやシュートをするのに野球やテニスのボールでは小さすぎ、バレーボールは、まだスポーツ自体が誕生していませんでした。

バスケットボールを考案したネイスミス博士は、球技の難しさは、ボールの大きさに反比例するという理論をもっていましたので、当時はサッカーボールのサイズがボールを投げたり受けたりするのに適したサイズだったと言えます。

しかし、サッカーボールは、もともと足で蹴るために作られたボールのため、手で扱うのには不向きでした。

1894年になってようやくアメリカの自転車製造会社が専用のボールを開発し、その後、どんどんボールは改良され、ゴム製や革製などの現在の形になってきました。
〔ワンポイント〕
現在は、3種類のボールのサイズが使用されています。
・一般男子用の7号(74.9〜78cm)
・中学生・女子全般の6号(72.4〜73.7cm)
・ミニバスケット用の5号(69〜71cm)

キーワード検索

バスケットボール用品・関連商品紹介「グレアショップ」


【楽天市場】
バスケットボール商品

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

トッピクス
栃木草バスケリーグ
県内バスケMAP
バスケの基礎辞典
バッシュの基礎知識

栃木県内大会情報等
クラブ連関係
高等学校関係
中学校関係
その他の情報

リンク栃木ブレックスを応援しよう!!バスケへの思い・夢・希望をのせて・・・バスケの王様を目指せ!
▲リンク栃木BREXの情報


← バスケットボールの基礎辞典へ戻る

▲ページTOPへ
◇ GLARE 栃木県バスケットボール情報サイト ◇