GLARE ◇ GLARE 栃木県バスケットボール情報サイト ◇  
     トップ > バスケットボールの基礎辞典 > バスケットボールの始まり
バスケットボールの基礎辞典
バスケットボールの歴史やルールなど、そうだったのかと言う疑問についてまとめて行きたいと思います。
スポンサードリンク

歴史
バスケットボールの始まり
主な出来事
ボールの歴史
シューズの歴史

ルール
基本ルール(簡易版)
詳細ルール
オフィシャル
審判
コート

ポジションの役割と特性
ポイントガード
シューティングガード
フォワード
パワーフォワード
センター

日米主要リーグの仕組み
日本
アメリカ

その他
トレーニング(練習)
発明
マンガ・アニメ


バスケットボールの始まり
バスケットボールは、アメリカのマサチューセッツ州スプリングフィールドにあるYMCAで訓練校の講師を務めていたカナダ人のジェームズ・ネイスミス博士によって1891年に考案されたと言われています。

冬の間マサチューセッツ州では、屋外でスポーツが出来ないため、室内で出来るスポーツが求められていました。

そこで、体育館の手すりなどに木製の桃を入れる籠を2個吊り下げて、敵味方の2チームが敵の籠にボールを投げ込んで得点を競い合うという、今のバスケットボールの原型が生まれました。

籠(バスケット)を使ったことから、バスケットボールと呼ばれるようになりました。
〔ワンポイント〕
バスケットボールを漢字で書くと、「籠球(ろうきゅう)」になります。

キーワード検索

バスケットボール用品・関連商品紹介「グレアショップ」


【楽天市場】
バスケットボール商品

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

トッピクス
栃木草バスケリーグ
県内バスケMAP
バスケの基礎辞典
バッシュの基礎知識

栃木県内大会情報等
クラブ連関係
高等学校関係
中学校関係
その他の情報

リンク栃木ブレックスを応援しよう!!バスケへの思い・夢・希望をのせて・・・バスケの王様を目指せ!
▲リンク栃木BREXの情報


← バスケットボールの基礎辞典へ戻る

▲ページTOPへ
◇ GLARE 栃木県バスケットボール情報サイト ◇